MasterKoda’s blog

半導体エンジニア、マーケッターです。テクノロジーや読書について書きます。

重力のように解決のしようがない問題は何か?


LIFE DESIGN
スタンフォード
最高の人生設計
ビル・バーネット
デイブ・エヴァンス
千葉敏生 訳
2017年9月15日 初版


著者は2人ともスタンフォード大学の卒業生。 訳者はデザイン思考と同じ人。

メモ

ライフデザインでは、対処不可能な問題は問題と呼ばない。それは状況であり、環境であり、現状だ。足を引っぱるといえば確かにそうだが、重力と同じで、解決できる問題ではないのだ。

解決のしようのない問題に対して、堂々巡りに至ることは少なくない。それは重力が消えないことと同じように、解決しようのないものにも関わらず。人生の制約条件として機能しているにすぎないという理解が必要だ。

人生を探すことに費やした時間を足し合わせると、本当の意味で人生を生きた時間を大きく上回ってしまうというひとも少なくないと思う。

なりたい姿を探しているのか、目指して行動しているのか、そこには大きな隔たりがあって、とやかく言ってないで行動すべき場面が多い。

人脈はもう一つのワールドワイドウェブ

なるほど!