MasterKoda’s blog

半導体エンジニア、マーケッターです。テクノロジーや読書について書きます。

MindWaveでやりたいこと

自己能力開発、研究の一環として、脳波測定器:Mindwaveを購入した。

やってみたいこと
  • 集中力測定
  • 集中力が高まる飲食物の選定
  • 集中力が高まる環境の選定
  • フライト中のストレス測定
  • コーヒーを飲んだ時の脳波の変化
  • 「会いたくて会いたくて震える」時の脳波の震え計測

基本的には「脳波取得 >> 解析 >>価値提供」 の流れ。

思いつくシステム構成
  • MindWave >> Windows PC
  • MindWave >> Arduino
  • MindWave >> Rapsbbary Pi
  • MindWave on AR device >> Cloud?

自分の研究テーマとしては、デバイスの能力を強化する、だけでも十分である。応用例を重視すぎず、根幹技術にフォーカスする。

PCでシリアル通信を受け取る

下記のサイトにPCで値を受け取ってラズパイに送るまでの一連の開発をした例が載っている。非常にありがたい。値の精度はあまり高くないよう?

MindWaveからPythonを使って脳波の値を取得し、好きなプログラムで利用する方法 - Ambivalent Wanderer

なぜ脳波測定が流行っていないのか?

個人的な感覚としては、脳波測定がもっと生活に浸透していても良いと思っている。浸透していない理由として考えられるのは - デバイスが高い。 - 測定精度が低い。 - 計測データを処理するアプリの能力が低い。 - 応用例が実用に耐えない。

f:id:MasterKoda:20190103125714j:plain
WhyBCI?

思考を判別することを目指している人は多いようだ。しかし、集中力=疲労度合いがわかるだけでも十分ではないのか?BCIとして、ロボットアームを動かすだとか、難しいことよりももっと簡単なことから応用できないか?単機能でいい。生活に根付く機能が必要だ。

植物も脳波と同様に電気信号で捉えることができるようだが、一般には普及していない。これも同様な要因分析ができるだろう。脳も植物も意味が明確に理解できる活動をしている。ということは、電気信号も意味のある処理がなされているはずである。

Arduinoの応用例として自動水やり器があるが、これはとても示唆的な応用例だ。何故ならば、植物の活動を正確に判別しなくても、一定期間で必ず水やりすればいいという、抜本的な解決策を簡易な方法で提供しているからだ。こういった技術の妥協点を見つけ出すのもまた、ビジネスの面白みと、ビジネスマンのセンスだと思う。

植物に脳波測定器を向けたら何かわかるかな?

技術的に解決した方が良さそうなこと。

結局は数学的にゴリゴリしたものに落とし込めると思われる。機械学習で処理できる具合まで抽象化できれば、あとは時代の流れに沿ったテクノロジーがなんとかしてくれるだろう。

バイスの到着をしばしまたれり。